×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フリーターとニート

「フリーターとニート(ひきこもりだとしても、収入を伴う仕事をしていれねニートではありません)」と言った単語は報道や新聞(今でも読むのを楽しみにしている方が多いようです)にセットで出てくることが多いように思います。

では、フリーター(三十五歳以上の人を特に中高年フリーターということもあるようです)とニート(ひきこもりだとしても、収入を伴う仕事をしていれねニートではありません)は同じことを言うのでしょうか。

フリーター=ニートと考えてもよいものなのでしょうか。

きっとフリーター(和製英語で、正社員以外の就労形態で生計を立てる人を指すことが多いです)とニートについてよく知らない方はフリーターとニート(最終学歴は中卒が多く、50%弱の人が引きこもりでもあります)は同じことと思ってしまうかもしれませんね。フリーターとニートの違いはわかりやすく言うと、労働というものに参加しているか、していないかということのようです。

でも、フリーターとニートの境界線をはっきりとひくことは難しいといわれているようです。というのも、フリーターになろうと考えていて、今は浪人の人などはフリーター(三十五歳以上の人を特に中高年フリーターということもあるようです)とニートどちらの部類に入るのだろうかといった疑問がわいてくるからです。

今そのような状況にいる人は、労働する意思がある自分はフリーターとニートどちらかといったらニート(内閣府の定義では、学校に通学せず、独身で、収入を伴う仕事をしていない15〜34歳の個人である若年無業者の中の就職活動をしていなかったり、就職する意思がない人のことです)の部類であると言ったかもしれません。

フリーター(正社員以外の就労形態で労働に従事し、その収入で生計を立てている人をいいます)とニートの違いには年齢層という違いもあるのではないかと思うようになっています。いずれにしてもフリーターとニートの境界線をはっきりと引くことは難しいようです。

しかし、二つに共有して言えることはフリーターとニートといった問題が社会で大きく取り上げられることだと言うことなのです。では、はたしてフリーター(三十五歳以上の人を特に中高年フリーターということもあるようです)とニート(本家イギリスでは、ひきこもりとか労働意欲の欠如した若者という日本で使われるようなニュアンスはないそうです)がそこまで問題として取り上げられるのはなぜなのでしょう。

フリーター(フリーランスアルバイターの略語で、フリーアルバイターということもあります)とニート(若年無業者とも呼ねれ、日本ではイギリスとは違って、34歳まで含まれます)と一つにくくられるということは、何か共有した問題点があるでしょうか。フリーターとニートについてそれぞれの問題点やメリット(日本語では利点で、反対語はデメリットです)を調べた上で正しい了承を得たいですね。