×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フリーターが一人暮らしすると

フリーターと言っても様々ですが、不景気で大学を卒業しても就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)先が決まらなかったり、敢えてフリーター(正社員以外の就労形態で労働に従事し、その収入で生計を立てている人をいいます)をセレクトしている方も少なくないのではないのでしょうか?

何か目的があってフリーター(三十五歳以上の人を特に中高年フリーターということもあるようです)を選んでいるのなら、ひとつの選択です。でも、収入面で不安定で、将来的に再就職(失業している期間が長いほど、難しくなっていくと考えられています)出来ないのでは?という不安が大でしょう。正社員として働いている方で1人暮らしをされている方は結構いるのですが、フリーターで一人暮らしをしている人はどの程度でしょう?

一般的に一人暮らしの費用と言われる金銭は、家賃、電気代、ガス代、水道代、食費が最低限。一般的に、フリーター(責任のある仕事を任されることもありますが、雇用期間が長くなると人件費が高くなるため、解雇されることもあるようです)の場合であれね、あまり高い家賃の部屋に住むことは出来ないものです。当り前ですが、その人にもよるでしょうが。ご両親と同居されている方であれば、家賃や食費などと言った生活費がほとんどかからない事が多いはずです。

毎月、お給料から如何にかを払えばというようなケースも少なくないようです。でも、1人暮らしとなると、全ての費用が自分持ちなのです。そして、どんなに節約しても、毎月、ある程度決まった支出を覚悟する必要があります。毎月必ず支払わなければならない家賃を安い所で設定し、食費など削れる物は節約したとしても、携帯代や税金(きちんと納めずに脱税すると、バレた時にたいへんなことになってしまうでしょう)、保険料なども含めて考えてみたら、約10万円前後はかかってしまうのではないでしょうか。

15万円以上毎月稼ぐことのできるような仕事、バイトであれば、何とかなるのかもしれません。しかし、それ以下の場合だったら、1人暮らしで生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)する事は結構辛いですね。

フリーターの転職は多い?

フリーター(厚生労働省の定義では、15歳から34歳で「アルバイト・パート」で働いている人、もしくは、「アルバイト・パート」での仕事を希望している学生や主婦を除く人です)の転職の現状はいかがでしょう。フリーター(フリーランスアルバイターの略語で、フリーアルバイターということもあります)の転職は正社員として働いている人がする転職の数に比べれば、多いのではないだろうかということは容易に連想可能になるでしょう。

しかし、フリーターは転職が多いと頭ごなしに決めてかかるのは間違いかもしれません。

フリーターは転職が多いと思いきやそうでない人もいます。あるファーストフードレストラン(最近では、口コミを調べてから行くという人も増えていますね)や家族連れレストランで素晴らしい接客をする人たちがそこでもう何年も仕事をしていてフリーターで転職体験なしという人ということもあるからです。小生も以前サイドワークをしたことのあるファーストフード(外食を指すことが多く、あまり健康にはよくありません)レストランの人の中に、フリーターで転職は一度もしたことなく、もう十年以上もそこに勤めている方もおられました。必ずしもフリーター(バブル期に大量に発生し、一般的な概念となりました)は転職を繰り返すというわけではないようです。

フリーター(フリーアルバイターともいいますが、その定義は曖昧です)に転職はつきものというようなイメージもあるみたいです。確かに、一般的にフリーター(面接官に対する?象はあまりよくないといわれています)で転職する人が多いのも事実のように思いるようです。

フリーター(フリーランスアルバイターの略語で、フリーアルバイターということもあります)が転職を繰り返すことの一つにはさまざまな職種を体験し、自分にあった職種を探すために意図的に転職を繰り返すというのもあると聞きます。小生の友人の中でも、自分のやりたい仕事がすぐには見つからないし、大学に行き学習するわけでもなくフリーターで転職を繰り返している人がいます。

フリーター(責任のある仕事を任されることもありますが、雇用期間が長くなると人件費が高くなるため、解雇されることもあるようです)で転職をし、実務体験を積んでいろいろな仕事を体験したいというのがその事情です。フリーター(三十五歳以上の人を特に中高年フリーターということもあるようです)で転職を繰り返して自分に合った職種を探すのも一つの方式だと言えるでしょう。

フリーターが転職を繰り返すことの一つには使い捨てみたいに使う企業の職務要件が悪く、さらなる要件のいい仕事をさがしてフリーター(責任のある仕事を任されることもありますが、雇用期間が長くなると人件費が高くなるため、解雇されることもあるようです)が転職するというのもあるものです。

フリーターで転職をする人が多いのは、この転職する事ができるということをメリット(日本語では利点で、反対語はデメリットです)に考えているからではないでしょうか。正社員ならなかなかやめられなくても、フリーター(三十五歳以上の人を特に中高年フリーターということもあるようです)は転職するのが容易であるというのは一理あると思われないでしょうか。

フリーター(バブル期に大量に発生し、一般的な概念となりました)は転職出来るので気持ちが楽でいいと考えるか、安定性がないと考えるかは人それぞれの価値観によって違うと思うのですが…
また、フリーターが転職を繰り返すことができるのには、そんなにフリーター(面接官に対する?象はあまりよくないといわれています)を受けいれる土壌が現在の日本に存在しているということです。

無料の求人情報誌(大都市では、電話帳のように分厚いグルメ・クーポン情報誌が無料で配られていたりします)を見ると、数?多くあるサイドワーク情報が載せられており、フリーター歓迎や未体験者歓迎といった文字が躍っています。このような状況もフリーターの転職を容易にしているのかもしれません。フリーターの転職の状況について実際の的確な状況を調査してみるといいかもしれませんね。

ハローワークに行く
フリーターに有利な資格
フリーターと正社員の年収
フリーターと確定申告
フリーターが就職するには
フリーターとニート
就職は難しい?
フリーターの職務経歴書
連絡が弱い
リンク
リンク集1

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード