×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フリーターが就職するのに有利な資格

フリーターに限らず景気が良くない現状で就職(一般的には、正社員として職業を得ることをいいます)で一番有利なのは「新卒者」でしょう。どの企業(会社)も新卒者(次の年度末に卒業する予定の学生)の若い力を求めるのが基本。もし「新卒」という武器を生かせず卒業した後、内定がない方もたくさんいらっしゃいます。

年齢が若ければ若いほど、就職には有利ですが確実に就職できる訳ではない処が世の中です。25歳以上でフリーター(三十五歳以上の人を特に中高年フリーターということもあるようです)なら、就職したい!と思っても実務経験がないという事実は大きくマイナスに働きますね。若しくは資格がないから即戦力にはならないと思われてしまいます。これでは、ずーとフリーター人生から抜け出すことができないですよね。

就職面で言うなら、負の連鎖から抜け出す道を作ってくれるのが「資格」です。耳にタコな程言われる事項ですが、やはり事実資格があると強いのが現実ですね。人事担当者に以前話を聞いた時に、採用するかしないか最終的な診断基準として、資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)を持っているか持っていないかで判断すると表現してもいた記憶があります。

そこで、持っておくと就職に有利となるような資格を挙げてみると

パソコン文書処理の資格
<企業で仕事するうえで、ワードやエクセルを扱えることは必須のスキル>
ワードやエクセルは最低限出来なくてはいけない能力なので、そこで他の方と差をつけるために、「MOUS(MOS)」と言うマイクロソフトのオフィシャル資格を持っていると有利になると考えられます。事務職は割と求人が多い為、事務職を希望行う場合であれば、ぜひこのMOUSを取得しておいて下さい。